【ポケカ】かいりきリザードンはなぜ高い?【Pokemon】

【ポケカ】かいりきリザードンはなぜ高い?【Pokemon】

ポケカ市場で最も希少なカード!?

ポケモンカードゲーム界にて最も有名な1枚である「かいりきリザードン」

リザードン自体、最新のポケモンカードでも常に上位の人気を誇るカードです。
今回はそんな「かいりきリザードン」の人気の秘密からについて紹介させて頂きます。

このかいりきリザードンは、1996年10月20日に発売した「拡張パック 第1弾」にランダムで封入されていたカードです。
スターターパックと同時に発売され、リザードン、フシギバナ、カメックスとポケモンを代表する御三家をはじめとした、人気の高いポケモンが多く収録されていました。
その「拡張パック 第1弾」の初版でのみ手に入るのが「かいりきリザードン」だったのです。

このパック、みなさんも遠い昔に買った覚えがあるのではないでしょうか?

なぜ「かいりきリザードン」と呼ばれているの?

本来、リザードンは「かえんポケモン 全長1.7m 体重90.5kg」なのですが、 第1弾の初版では記載間違いがあり「かいりきポケモン 全長1.5m 体重70.5kg」と記載されてしまっています。

この「かいりきポケモン 全長1.5m 体重70.5kg」は、本来ゴーリキーのプロフィールであるはずなのに、リザードンにも印刷されてしまっていたのです。
つまりエラーカードなのですが、リザードンが人気ポケモンであること、25年前の古いカードであること、初版限定ですぐに訂正されてしまったことから 「かいりきリザードン」の価値はぐんぐん上がっていきました。

一般的ん、「初版」はマークが無く通称「マークなし」と呼ばれ、初版でないカードにはカードの右下にマークがついており、「マークあり」と呼ばれています。
そしてこの「マークあり」のリザードンの表記は「かえんポケモン 全長1.7m 体重90.5kg」に修正されています。

私自身もこの「かいりきリザードン」に惚れ込んでしまい、1枚だけ所有しております。

「かえんリザードン」に関しても、3枚所有中です。

右下の1枚は、25周年に発売された「かえんリザードン」です。

かいりきリザードンの相場価格は?

先日、日本で一番有名なYoutuberのヒカキンさんがこの「かいりきリザードン」を購入して話題になりました。

その価格なんと50,000,000円!ごせんまんえん!

ポケモンカードにはPSAやBGSといったカードの綺麗さなどを鑑定し、点数をつけてくれる会社があるのですが、ヒカキンさんが購入したのは、その会社から10点満点の点数を取得した世界でも数枚しか存在しないカードです。

10点満点と言わずとももう少し点数が低いものでも50万円〜数百万円レベルの値段がつきそうです。

私はPSA鑑定で7.5点/10点のかいりきリザードンを購入したのですが、100万円近い価格がつきそうです。

一方で、「かえんリザードン」であれば、3万円〜5万円でも購入できますので、これからも価格の高騰が見込まれる大人気のリザードンを入手してみてはいかがでしょうか?

みなさんも幼少期に集めたカードが実家に眠っていませんか?

もしかすると何百万円もするお宝が眠っているかもしれませんよ!

ポケモンカードカテゴリの最新記事